ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーってそもそもどんなもの?

生活習慣病の予防や美肌効果などへの有効性が広く知れ渡り、近年ローヤルゼリーが注目を集めています。また栄養価も非常に豊富なため、日頃から栄養バランスを気にしている方が選ぶ健康食品の中でも、特に高い人気を誇っています。

このローヤルゼリーはミツバチが自然の中で作り出した天然の食品なのですが、どんなものかまでは意外と知られていないようです。実はとても貴重で特別な食品、ローヤルゼリーとは何なのか、みていきましょう。

ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーとは、ミツバチが作り出した栄養価の高い食品です。よくハチミツを加工して栄養価を高めたものと勘違いされることがありますが、ハチミツとは成分も作られ方も全く異なります。

ハチミツは働き蜂が花蜜を材料として、巣の中で熟成させて作られます。一方のローヤルゼリーは、働き蜂が花粉とハチミツを食べ、体内で合成したあと分泌されたものです。

また色もハチミツとは異なり乳白色をしていて、味も酸味が強いのが特徴です。

女王蜂だけの特別食

ローヤルゼリーはミツバチを育てる餌となるのですが、純粋なローヤルゼリーは女王蜂以外が食べることはできません。

働き蜂も女王蜂も、卵の段階ではどちらもメスとして成長していきます。孵化後3日目まではどちらもワーカーゼリーと呼ばれる働き蜂が作り出した、低濃度のローヤルゼリーと花粉などを混ぜ合わせた餌を食べて育ちます。ローヤルゼリーは孵化後4日目から働き蜂から与えられるのですが、食べることができるのは女王蜂だけです。

その後女王蜂は生涯に渡ってローヤルゼリーだけを食べ続け、多くの栄養を得ながら成長していきます。その体長は他のメス蜂と比べると大きさは2~3倍、寿命も30~40倍と、比較にならないほど大きな差が生まれます。また、女王蜂の役割は卵を産むことです。他のメス蜂は卵を産むことができないのに対し、女王蜂は毎日2000個以上の卵を産むことができ、能力にも違いがあらわれます。

このように、ローヤルゼリーは子孫を残すために女王蜂だけが食べることを許された、特別な栄養食なのです。

女王蜂へと成長させるローヤルゼリーの栄養価の秘密とは?

全く同じメス蜂でも、ローヤルゼリーを食べることで大きさや能力が全く違う女王蜂へと成長します。この大きな差は、ローヤルゼリーが持つ高い栄養価によって生み出されています。

ローヤルゼリーは、ミツバチたちが自然の中から採取した天然成分が幾重にも混ざりあって作られた、高い栄養価を誇る健康食品です。私たちの身体にも様々な恩恵を与えてくれるローヤルゼリーには、どんな成分が含まれているのか、みていきましょう。

豊富な栄養成分

ローヤルゼリーには、私たちの健康に欠かせない3大栄養素、タンパク質・炭水化物・脂質が含まれています。特にアミノ酸の含有量が高く、体内では合成できない必須アミノ酸を9種類全て含み、その他のアミノ酸を合わせると20種類以上にも及ぶことで良質なタンパク質の生成を助けます。

またミネラルやビタミンなど、食品からの摂取が必要不可欠な成分も豊富です。ビタミンの含有量はハチミツと比べると数十倍に及びます。中でも神経伝達物質のアセチルコリン、美容のビタミンと呼ばれるパントテン酸は、食品の中でもトップクラスの含有率を誇ります。

ローヤルゼリーには他の食品にはない10-ハイドロキシ-δ-2-デセン酸をはじめとする、特有成分も含まれています。デセンは自然界に存在する物質では、ローヤルゼリー以外からは発見されていません。そのため別名ローヤルゼリー酸とも呼ばれ、近年様々な効果が注目されています。

これらを中心に40種類以上の成分が含まれています。通常の食事だけでは不足しやすい成分の他、特有成分を含むローヤルゼリーは、私たちに様々な健康や美容効果をもたらしてくれています。現在も成分について様々な研究が行われているので、未だ解明されていない効果に今後も期待できるでしょう。

ローヤルゼリーの取り入れ方

ローヤルゼリーは幅広い年代の方に注目されています。30代から50代の方の利用が多く、特に更年期世代の方からの支持が高くなっています。この人気の秘密は、それだけ多くの効能や効果を実感している方がいるからといえるでしょう。

ローヤルゼリーは、他の食品には含まれていない成分です。そのうえ不足しやすい成分も多く含まれているので、継続的に取り入れていくのをお勧めします。毎日の健康・美容の維持に、ローヤルゼリーサプリメントを取り入れていきましょう。

参考
ローヤルゼリーとは
http://www.kakubako.net/toh.html

© 2018