生ローヤルゼリーとは

生ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーにはいくつか種類があり、中でも最も鮮度が保たれているのが生ローヤルゼリーです。新鮮さ以外に、他のローヤルゼリーと何か違いはあるのか、みていきましょう。

生ローヤルゼリーってどんなもの?

生ローヤルゼリーとは、働き蜂が花粉などを食べ、体内で合成したあとに分泌して、女王バチに与える特別な食事です。薄黄色のクリーム状をしていて、独特のピリッとした酸味があります。「王台」と呼ばれる特別な部屋の中に、女王バチ候補の幼虫の周りを埋め尽くすように詰められています。

製品化にあたっては、王台から採取したあと、品質の低下を防ぐために不純物を取り除いています。最低限の加工以外は行わないため、採れたての味を保ち、栄養価も損なわれないのが特長です。

生ローヤルゼリーには定義がある

生ローヤルゼリーとして販売するには、厳しい審査や検査を通過しなければいけません。ローヤルゼリーの適正で公平な製造・販売を促進する団体「全国ローヤルゼリー取引協議会」によって、定義が定められています。

王台から採取後、72時間以内に瓶詰めしたものだけが「生ローヤルゼリー」として販売することを許されています。さらに付け加えると、水分やタンパク質量、デセン酸の量なども厳しくチェックされ、基準を満たしたものだけが高品質の生ローヤルゼリーとして認められています。

生ローヤルゼリーが飲みにくい場合は

健康食品は基本的に「食べる」のではなく「栄養素を摂取する」目的で利用されます。ただ、生ローヤルゼリーはクリーム状の見た目から、食品として味わってみたいと思う方もいるでしょう。

ですが、生ローヤルゼリーは独特な酸味があり、飲みにくいという方も少なくありません。この問題を解決するには、酸味を直接感じないように飲み方を工夫するとよいでしょう。

舌の上に触れさせずに飲む

通常、生ローヤルゼリーはスプーンですくって少量を口に含みます。このとき、舌の上には乗せず、下部分に入れると酸味を感じにくくなります。

舌の表面部分には、味覚を感じる器官、味蕾(みらい)が多く存在しています。以前は、舌の左奥部分に酸味を感じる味蕾が多く存在するとされていました。現在では舌の場所に関わらず、味蕾はどの味覚でも感じるというのが明らかになっています。

この味蕾は、舌の下部分には比較的少ないので、酸味を含めた味覚を感じにくくなります。生ローヤルゼリーは酸味のほか、独特の風味が苦手という方も少なくありません。そのため舌の下部分に入れると、酸味や風味が苦手な方でも食べやすくなるでしょう。

また、胃酸に触れることもないので、栄養成分の吸収率が高まります。ひとつだけ注意する点は、舌の下でも付け根部分には味蕾が多く存在するので、酸味を感じてしまいます。生ローヤルゼリーを上手に取り入れるには、できるだけ舌先の下部分に含むとよいでしょう。

オブラートに包む

舌の下でもにいれてもどうしても酸味が気になるという方は、オブラートに包んで取り入れるとよいでしょう。固形物のような感覚で飲み込めるので、生ローヤルゼリーをしっかり取り入れた実感も得られます。

生ローヤルゼリーは少量でも、オブラートに包むと意外とサイズが大きくなってしまいます。オブラートに包まれたサイズが大きいと、飲み込むとき喉付近で破れ、生ローヤルゼリーの酸味を感じてしまう可能性があります。

薬などでも大きい錠剤を飲むのが苦手という方は、生ローヤルゼリーの量を2~3回分に分け、できるだけオブラートの包みを小さい状態にしてから飲むとよいでしょう。

そもそもなぜ生のままで摂取するの?

生ローヤルゼリーは酸味が強く、率直にいって美味しい食品とはいえません。サプリメントタイプであれは、酸味を気にせず摂取できるはずです。ではどうして食べ方を工夫してまで取り入れる必要があるのでしょうか?それは何といっても、ローヤルゼリー本来の栄養素を損なうことなく、まるごと摂取できる利点があるからです。

生ローヤルゼリーには、ミツバチたちが自然の中から集めてきた天然成分が豊富に含まれています。私たちの健康維持に欠かせない3大栄養素、タンパク質・炭水化物・脂質に加え、ビタミン・ミネラルなど美容効果も得られる栄養素が凝縮されています。

これらの栄養素は、採れたての状態が最も含有量が保たれ、全体のバランスも維持されています。特にタンパク質は、ローヤルゼリーの中でも含まれる量が多く、鮮度が低下すると変質する可能性があります。さらに特有成分のデセン酸は、ローヤルゼリーの品質にも関わる重要な成分です。

実は、生ローヤルゼリーの酸味のもとは、このデセン酸が作り出しています。つまり、その含有量が多く新鮮なほど、酸味が強く出てしまうのです。

デセン酸は女性ホルモンと似た働きをするため、ホルモンが影響を及ぼす女性特有の症状を予防・改善する効果があります。まだその詳しい働きは完全には解明されていませんが、現在も研究が続けられ、解明と新たな効果に期待が寄せられています。

生ローヤルゼリーの酸味は、強いほど栄養価が豊富な証です。そのため、できればローヤルゼリーは生の状態で摂取するのが理想といえます。ただ、酸味がストレスになってしまっては、継続的な摂取が難しくなってしまいます。どうしても食べづらさを感じてしまう場合は、サプリメントを検討してみましょう。

参考
生ローヤルゼリーとは
http://www.wtburadio.com/flow/index.php
生ローヤルゼリーってなに?
http://www.westbayyc.org/nani.html
生ローヤルゼリーとは?
http://fukuen.cher-ish.net/raw.html

© 2018