ローヤルゼリーの一日の摂取目安量はいくらなのか

ローヤルゼリーは一日にどれだけ摂るべき?

どんな健康食品にも、一日の摂取目安量が定められています。もちろんローヤルゼリーにも目安量が定められていて、製品によっては注意書きなどに記載されています。ただ、何も目安量の指定がない製品の場合、何を基準にして摂ればよいのでしょうか?注意点とともに、一日の目安量についてみていきましょう。

ローヤルゼリーの一日の摂取目安量

ローヤルゼリーは健康食品のため、医薬品のように厳格な摂取量の定めはありません。ということは好きなだけ摂取してもよいのかというと、実は目安となる量があります。

日本健康・栄養食品協会によると、一日の摂取量は500~3000㎎と定められています。幅があり過ぎるため非常に判断に困る数値ですが、幅を狭めて指定すると少々不都合が生じてしまうのです。年齢、性別、体重などによって実感できる効果や及ぼす影響に違いがあるため、このような曖昧な数値を定めています。

また、普段通りの量でも、胃腸の調子がよくない日は吸収されにくくなってしまいます。そのため、ローヤルゼリーの栄養成分が不調に働きかける時間にも個人差があります。これらの理由から、調整量は各自の判断に委ねられているのです。

タイプ別の含有量を見極める

ローヤルゼリーは生、乾燥、調整の3タイプのうち、どれを選ぶかによっても摂取量が変わります。

生は巣から採取したそのままの状態のもので、乾燥は生の水分を90%ほどなくしたもの、調整は主に乾燥ローヤルゼリーに添加物など、他の成分を加えたものです。どのタイプの場合でも、ローヤルゼリーの摂取目安量は「生タイプ」を基準にしています。

乾燥タイプは水分が抜けている分、成分が凝縮されています。つまり、それだけ過剰に摂取してしまう可能性も考えられます。その点に配慮して、一部の乾燥ローヤルゼリーには生での換算量を記載している製品もあるので、参考にするとよいでしょう。

調整タイプは他の成分が入っているため、純度が低くなっています。その分ローヤルゼリーを過剰に摂取する可能性は低くなりますが、添加物や他の成分の摂取量も増えることを念頭に置いておきましょう。

継続して取り入れるのが重要

一日の摂取上限が3000㎎というと、効果に疑問を感じる方もいるでしょう。実際にスプーンなどですくってみると、確かにその量は僅かです。それでもローヤルゼリーには豊富な栄養素が凝縮されているため、私たちに確かな効果を与えてくれます。

ローヤルゼリーは医薬品ではなく健康食品として扱われています。そのため医薬品のように治療をするのではなく、栄養補給が目的です。含まれる栄養素は全て自然から採取されたものなので、身体に負担を与えることなく緩やかに浸透していきます。

私たちの健康維持に欠かせないタンパク質・炭水化物・脂質の3大栄養素に加え、不足しがちなビタミンやミネラル、特有成分デセン酸などがバランスよく凝縮されています。特にビタミンやミネラルは体外へ排出されやすいので、毎日補うのが望ましい栄養素です。

栄養を毎日の食事から取り入れるのと同じように、ローヤルゼリーも継続して摂取することで、バランスのよい栄養補給が可能になります。

質と量のバランスが大切

ローヤルゼリーは生活習慣病の予防や改善、疲労回復、ダイエットやアンチエイジング効果、女性特有の症状の改善など、様々な効果が期待できる栄養食品です。ですが、摂取量が多いほど効果が高まるというものではありません。

体質の違いでも吸収率が変わるため、同じ量を摂取しても人によって効き方にも違いが出てしまいます。また、栄養成分が豊富なため、過剰に摂り過ぎるとお腹が緩くなるなどの症状があらわれる場合もあります。

他に注意したい点として、質の見極めも重要です。ローヤルゼリーは製造環境の違いによって、成分の配合量が変わってきます。特にデセン酸はローヤルゼリーの品質を決める重要な成分のため、含有量の少ない製品を選んでしまうと、同じ摂取量でも効果に大きな違いが出てしまいます。ローヤルゼリーは決して手軽な価格とはいえないものなので、製品選びは慎重に行いましょう。

ローヤルゼリーの適量は、実際に取り入れてみるまでわからないものです。初めは少量から試し、徐々に増やしながら自分に最適な量をみつけていきましょう。

参考
ローヤルゼリーの適切な摂取量
http://www.hollandlimo.net/tek.html
ローヤルゼリーに摂り過ぎはない?
https://www.cyber24.com/htm3/toc.htm
大人一日のローヤルゼリー摂取目安量は?
http://conradish.net/estimatedintake.html

© 2018