ローヤルゼリーは免疫力を向上させる

ローヤルゼリーで免疫力を上げられる?

毎日しっかりと食事を摂っているのに、風邪をひきやすい方もいるのではないでしょうか?もしかしたら、栄養が偏って免疫力が低下しているのかも知れません。

様々な健康効果を生み出すローヤルゼリーは、免疫力向上にも有効です。その効果は豊富な栄養素がもたらしてくれるのですが、まずは免疫力とはどんなものなのか、みていきましょう。

免疫力とは

私たちのまわりには、空気中を漂って細菌やウイルスが存在しています。そのため常に感染の危険にさらされているのですが、すぐに風邪やインフルエンザに感染するわけではありません。その理由は、細菌やウイルスが体内に入ってても体調を崩さないように身体を守る、免疫機能が備わっているためです。免疫機能によって細菌やウイルスに抵抗したり撃退する力を、免疫力といいます。簡単に風邪やインフルエンザ、病気などにかからずにいられるのは、この免疫力があるおかげです。

免疫力が低下すると、風邪をひきやすく治りにくくなったり、怪我や病気からの回復も時間がかかってしまいます。また、免疫機能自体が狂うと、アレルギーやガンなどの重篤な症状を招く原因にもなります。

ローヤルゼリーの免疫力向上効果とは?

免疫力を高めるには、体内の免疫細胞を活性化させることが重要です。免疫細胞は自動的に作られるわけではなく、食品などから取り入れた栄養素が原料となることで作られています。

ローヤルゼリーには私たちの健康な身体作りに必要な5大栄養素と、特有成分が含まれています。これらの栄養素が免疫力向上にどんな効果を発揮してくれるのか、みていきましょう。

豊富な栄養素が生み出す免疫力向上効果

食品中でローヤルゼリーに最も多く含まれるとされるパントテン酸は、免疫抗体の合成を促す作用を持つビタミンです。体内に侵入した細菌やウイルス、さらには発生したガン細胞に瞬時に撃退し、抵抗力を高めます。

血液中では、ウイルスに感染されないようにリンパ球や白血球が守ってくれています。鉄はこれらの働きを活発にして、免疫力を高めてくれるミネラルです。また、体温が1度上がると免疫力が30%アップするとされています。鉄の摂取で血液量も増加するので体温が上がり、免疫細胞の働きが活発になります。

全身の細胞に存在する亜鉛は、新陳代謝や細胞分裂を促す作用があるミネラルです。免疫細胞を活性化させ増殖させることで、高い免疫力を常に維持することができます。

ローヤルゼリーだけに含まれる成分、デセン酸も免疫力向上に関わっています。デセン酸はT細胞の働きを活性化することがわかっています。T細胞はリンパ球に存在し、ウイルスに感染した細胞やガン細胞を排除してくれる免疫細胞です。他に、細胞への攻撃戦略を立てたり、正常な細胞を攻撃し過ぎないように制御するなどの重要な役割を担っています。デセン酸がT細胞の働きに作用することで、免疫力を安定させることができます。

ローヤルゼリーにはオリゴ糖も含まれ、腸内環境を整えて免疫力を向上させてくれます。
善玉菌は、パイエル板と呼ばれる免疫機能を持つ組織の形成に関わったり、善玉菌自体も免疫機能を持っています。腸内には善玉菌と悪玉菌が存在していますが、免疫力を高めるには善玉菌だけを増加させることが重要です。オリゴ糖は善玉菌だけが食べられる餌として使われるため、善玉菌だけを増やし、腸内から免疫力を高めてくれます。

タンパク質が生み出す免疫力向上効果

免疫力を活性化するには、免疫細胞が体内に多く存在している必要があります。体内に存在する60兆個の細胞はタンパク質が主成分として作られ、免疫細胞もタンパク質で作られています。ローヤルゼリーには豊富なアミノ酸が含まれ、タンパク質を生成して免疫力向上効果を生み出します。

食べ物が体内に入ると、栄養素は消化・代謝されていきます。この働きによって免疫機能が保たれているのですが、酵素が存在していることで成立しています。この酵素の原料となるのも、アミノ酸によって生成されたタンパク質です。

また、タンパク質は筋肉も作りだし、免疫力向上に必要な熱を生み出します。体温の約40%は筋肉が生み出しているといわれ、女性に冷え性の方が多いのは筋肉量が少ないことも影響しています。

ローヤルゼリーには、良質なタンパク質を作り出す9種類の必須アミノ酸が含まれています。これらは体内では合成されず、食品からも摂取しにくいため、通常の食事では不足しやすい栄養素です。ローヤルゼリーは全ての必須アミノ酸をバランスよく含み、良質なタンパク質を作り出すことで免疫力向上に高い効果を発揮してくれるのです。

ローヤルゼリーが腸内の免疫力を向上させる

腸内環境を整えると免疫力が高まるとされていて、その根拠を示すように体内の免疫細胞の60~70%は腸内に存在しています。
その中の一つ、M細胞には病原体を自ら取り込んだあと、抗体を作る働きに関わることが明らかになっています。

ローヤルゼリーには腸内の免疫力を高める効果が以前から知られていて、熊本大学薬学部の研究チームの実験によって明らかにされました。実験は腸内にある腸管上皮細胞にローヤルゼリーを添加し、3日間培養する方法で行われました。すると腸管上皮細胞がM細胞と同じ働きをする「M様細胞」に変化することが明らかになったのです。

この結果から、ローヤルゼリーが腸内の免疫力を向上する働きを解明できたのです。

免疫力向上にはローヤルゼリーがお勧め

免疫力の向上には、細胞を活性化させる栄養素を補うことが重要です。

タンパク質は免疫細胞や酵素の原料として、ビタミンやミネラルは免疫細胞生成のサポートとして使われ、日々失われていきます。高い免疫力を維持するには、これらの栄養素を継続して補うことが重要です。健康で元気な毎日を送るため、豊富な栄養素を含むローヤルゼリーを継続的に取り入れていきましょう。

参考
ローヤルゼリーによる免疫力向上
https://www.karlsaliter.com/c2immunity.html

© 2018