ローヤルゼリーとコラーゲン

ローヤルゼリーとコラーゲンは一緒に飲むと効果的?

年齢を重ねるごとに低下していく肌のハリや弾力は、女性が持つ悩みの種の一つです。肌の状態を取り戻すために、コラーゲンを取り入れている女性は少なくないと思います。ですが、ローヤルゼリーを同時に摂っている方は、あまり多くないのではないでしょうか?

実はローヤルゼリーの持つ美容成分には、コラーゲンの効果を最大限に引き出す力があるのです。その力とは一体どんなものなのか、みていきましょう。

コラーゲンとは

コラーゲンとは、タンパク質の一種です。タンパク質といえば、脂質、糖質とともに、身体を構成する3大栄養素の一つとして全身に存在しています。心臓や筋肉、髪の毛まで全ての原料として使われ、特に肌を構成するうえで重要な役割を果たしています。

タンパク質全体のうち、約30%はコラーゲンの原料となります。コラーゲンは肌に必要な成分として知られていますが、肌の構成成分として約70%をコラーゲンが占めています。肌以外に骨や関節にも多く含まれ、健康維持にも欠かせない働きを持つ成分です。

それだけ重要な役割があるコラーゲンは、体内でも作られています。ですが、30代から徐々に生産量は減りはじめ、ハリや弾力が失われていきます。30代前後が「お肌の曲がり角」といわれる理由は、コラーゲンが減少した影響が大きいのです。

その影響は加齢とともに進行していき、骨粗しょう症や関節の痛みの原因にもなってしまいます。そのため美肌、健康な骨と関節を維持するには、コラーゲンの減少をおさえたり、補給するなどの対策が重要です。

ローヤルゼリーとコラーゲンが生み出す効果とは?

コラーゲンは主に美容成分として注目されているため、栄養価自体はあまり高くありません。そのため、不足した栄養素と一緒に取り入れる必要があります。というのは、コラーゲンは体内へ吸収されたあと、他の栄養素の助けを借りて効果を発揮する特徴を持っているためです。

そこで、ローヤルゼリーを是非一緒に取り入れてみましょう。豊富な栄養素が様々な方向から働きかけ、コラーゲンの持つ効果を高めてくれます。

ローヤルゼリーにはタンパク質を作り出すアミノが豊富

コラーゲンは直接取り入れても、そのまま肌や骨などの原料となるわけではありません。体内で一度アミノ酸に分解され、再びタンパク質として合成されて初めて身体を構成する材料となります。このとき、体内のアミノ酸のバランスによっては、違うタンパク質の原料として使われてしまう可能性があります。つまり、コラーゲンだけを取り入れても、体内で必ずコラーゲンが作られるとは限らないのです。

コラーゲンを生成するには、質のよいタンパク質を作るアミノ酸をバランスよく摂る必要があります。特に重要になるのが、体内では合成できない9種類の必須アミノ酸です。ローヤルゼリーはこれら9種類のアミノ酸を全て含んでいるので、良質のタンパク質から効率よくコラーゲンを生成してくれます。

こうして作られたコラーゲンは、肌にハリと弾力を与え、若々しい肌を維持してくれます。また、コラーゲンは関節にも含まれています。関節は骨と骨の間で連結の役割を果たし、骨同士がぶつからないように軟骨がクッションとして存在しています。コラーゲンはこの軟骨にも含まれ、滑らかな関節の動きを維持する重要な存在です。

関節のコラーゲンが減少すると、関節の骨同士が擦れるため痛みが生じてしまいます。ですが、ローヤルゼリーが良質なタンパク質でコラーゲンを効率よく作り出すことで、弾力のある軟骨を維持し、健康な関節が守られるのです。

コラーゲンをサポートする栄養素が豊富

ローヤルゼリーにはコラーゲンの作用を高める成分が豊富に含まれています。中でもローヤルゼリー特有の成分デセン酸は、乱れやすい女性ホルモンのバランスを整え、コラーゲンの分泌を促します。

女性ホルモンの分泌量は加齢とともに減少していき、特に更年期の時期には分泌量が急激に減少してしまいます。この大きな原因は、女性ホルモンの一つ、エストロゲンの減少です。エストロゲンはコラーゲンの分泌を促す重要な働きがあるため、減少すると肌のハリが失われてしまいます。デセン酸は女性ホルモンと似た作用をして、 不足したエストロゲンの働きを補ってくれます。この作用でコラーゲンの分泌を促し、肌にハリと弾力を取り戻す効果が期待できるのです。

ローヤルゼリーにはビタミンも数多く含まれ、中でも美肌作りに欠かせないビタミンB群は、コラーゲンと同時に摂ると嬉しい相乗効果を生み出します。

美容のビタミンとも呼ばれるパントテン酸は、ビタミンCの働きを助ける働きがあります。ビタミンCの作用が高まると、肌の真皮層でコラーゲンの生成が促進されます。また、活性酸素を取り除く作用も高まるので、皮脂の過剰な分泌を防いでニキビの予防にも効果的です。

コラーゲンの生成を促すと同時に、肌の新陳代謝を高めるのも重要です。ビタミンB2、B6は細胞の再生を促し、新しい肌に生まれ変わらせる働きがあります。シミや肌あれが新陳代謝によって取り除かれ、ハリのある肌を際立たせてくれます。

また、コラーゲンは骨の重要な構成成分として、土台としての役割を担っています。ところがコラーゲンだけでは頑丈な骨を保てません。骨は弾力のあるコラーゲンの周りに、ローヤルゼリーに含まれるミネラル成分、カルシウムとマグネシウムが付着することで硬くなり、丈夫な骨を維持しています。ミネラルが不足すると骨がもろくなり、次第に骨粗しょう症のリスクが高まります。ローヤルゼリーに含まれるカルシウムやマグネシウムは、コラーゲンとともに健康な骨作りを促進させてくれるのです。

ローヤルゼリーとコラーゲンは老化対策に効果的

コラーゲンは単体でも体内へ吸収されていきますが、ローヤルゼリーに含まれる栄養素と一緒に摂るとより吸収率、生成率が高まります。

肌や骨、関節を支えるコラーゲンは、若々しい身体を保つために重要な成分ですが、加齢とともに生成量は減少してしまいます。それを食い止めるローヤルゼリーは、コラーゲンの持つアンチエイジング効果を最大限に引き出してくれる、究極の栄養食品だといえるでしょう。

ローヤルゼリーとコラーゲンは別々に取り入れる方法もありますが、一つのサプリメントで取り入れるほうが経済的にも負担は少なくなります。コラーゲンが配合されたローヤルゼリーも販売されているので、摂取量や自分のスタイルに合わせた方法で選ぶとよいでしょう。

© 2018